マンチェゴ は高品質を保証するA.O.C.対象チーズです
500種類にもおよぶフランスチーズの中で、フランス原産地呼称委員会が定める厳しい基準を満たしているわずか35種しかAOCを取得していません。伝統的な製法で作られた質の高い食料品を守り、類似品との違いを明確にするためのフランスの制度で1955年に作られました。チーズの他にはワインなどにも与えられ、おもに酪農製品を対象としています。
生産地であるラ・マンチャ地方に名前の由来があります。羊乳独特のややくせのある香りと甘味、濃厚なコクがあります。特徴的な外皮の縞模様は、チーズをむしろで包んで圧搾することでつきます。外皮は非常にかたいので、はずして食べましょう。断面はくすんだ乳白色をしていて細かい気泡があります。
チーズをもっと好きになれるステキな1冊!
¥999
マンチェゴの分類される
「ハードタイプ」のチーズって?
ハード&セミハードタイプは初めての方でも親しみやすく、チーズマニアも納得の種類、独特の硬さがあるので薄くスライスしたり、粗く贅沢にすりおろしても使え、牛乳の旨味を凝縮した形状はチーズがそもそも保存食だったことを感じさせます。
色々な食材との相性も抜群で、サンドウィッチ・ピッツア・チーズフォンデュなどをはじめ、火に通すとなめらかになり、食材のひとつとしても優れていて、多くの料理に使われますが、ワインなど一緒にそのまま味わう事ができるもの特徴です。
特に長い期間熟成させるハードタイプは、うまみとコクがぎゅっとつまっていて味わいもひとしおです。

保存方法
数回に分けて楽しむ際には切り口を変えることで必要以上の乾燥を抑えましょう。野菜室などの湿度を保てる場所に保存し、できればラップで包む前にアルミホイルなどで遮光をするとよいでしょう。